気軽にできる保険相談で家計の負担を無くし隊

負担を少なくする

保険相談窓口が増えてきました

保険料は毎月支払いがあるもので、しかも契約によっては何十年も続くものです。月々の保険料がわずかであっても、毎月の支払いが続けばトータルでかなりの金額になります。ここを1割でも2割でも削ることで、将来的には大きな節約をすることができるのです。最近では街中に保険代理店が増えてきており、無料の保険相談ができる機会が増えています。時間があるときに一度活用してみると良いです。注意するべきことはより多くの保険商品を扱っている保険代理店を選ぶ必要があるということです。単品しか扱っていないようなところでは、勧められる保険商品が限られてきてしまいます。

家族に相談をしてみよう

また、保険相談窓口を利用する際には、初めていくときには相談のみとしておきましょう。保険相談をしていると、いろいろ進められる中で情報が整理することができなくなり、ケースによっては勧められるままに保険の契約を変えてしまうということもあります。しかし、それが最善かどうかはわかりません。まずは説明を受けた内容を自分の家に持ち帰って家族の人と相談をしてみて、本当に必要な保険かどうかを検討してみましょう。1人で考えるよりも複数人に話をした方が納得のできる結果を得られることは多いです。もしかしたら、保険の乗り換えをするのではなく、保険の加入をやめるという選択肢も出てくる可能性があります。無駄な保険を解約することができれば家計における負担もかなり低減します。

旅行のもしもの保険

海外旅行保険に加入する方が増えています。それは海外旅行先でのトラブル発生率が多く、また起きてしまった時に対処がわからず慌ててしまうからです。保険に入っておくことで、トラブルによる重大な損失を避けられます。

参考に出来る

保険といっても仕組みをあまり理解していない人もいるでしょう。確かに、商品の数も多いので選ぶ時にまよってしまうのは当然です。そういう時は保険相談を受け付けているサービスを積極的に利用してみましょう。

年齢で考え直す

保険見直しを考えるときに、年齢で考えなおすことは大切です。なぜなら、若い頃に入った商品と、加齢した今必要な商品とは、一致しないことが多いからです。ムダのない、取りこぼしもない選択ができます。

↑ PAGE TOP